ABOUT

・ Short prologue in the Cobbitria ・ 常緑森の懐にくるまれた学術研究都市 キュルビス。 まるで数万、数十万の背の高い守護兵から大切に守られているようにも見える。  その森をとある方角へ、奥深く、奥深く進んだところに、突然視界が抜ける場所がある。アカデミーの飛行訓練庭くらいの面積があるだろうか。 “ここへ辿り着ける” 一部の者たちにとっては安全な環境なことから、物品の取引をする広場として使われるようになったのが、此処、Eklipse Markt - エクリプスマルクト - 今は蝕の時間ではないので、ひっそりとCobbitたちが店を開いているようだ。